ミラートレーダーのスプレッド比較

  • LINEで送る

ミラートレーダースプレッドは、狭い業者の方がいいのでしょうか?

もちろん、手数料の面ではスプレッドは小さい方が得です。

例えば、ドル円のスプレッドが2.5pipsの業者と3.4pipsの業者では、
10万通貨 (100k)の取引で900円、50万通貨 (500k)の取引で4500円もスプレッド手数料に差が出ます。

1回につきたった0.9pipsの違いでも、取引回数が多くなればなるほど、利益に差が出てきてしまいます。
 

ミラートレーダーのスプレッドと約定力の関係

ただ、スプレッドが狭い業者というのは、約定力に問題があることが多いです。

ミラートレーダーの運営元であるトレーデンシー社(Tradency)が公表している実績と、採用しているFX業者の実績が異なることがあるのは、約定力が原因でもあります。

例えば、トレーデンシー社(Tradency)のレートで1ドル119.27円の時に決済注文が出たとしても、証券会社の決済は119.35円で確定するということもあり得ます。そうすると、実績には8pipsの差が出てしまいます。
 

ミラートレーダーのレートの違い

また、レートの違いも影響してきます。

トレーデンシー社(Tradency)での為替レートと近似していればいるほど、パフォーマンスも同様になってきます。
逆に、トレーデンシー社(Tradency)の為替レートと相違していればいるほど、成績が異なってしまいます。

例えば、トレーデンシー社(Tradency)のレートで1ドル118.15円の時に売り注文が出たとして、証券会社のレートが1ドル118.23円だとミラートレーダーの注文が出ないということもあり得ます。
 

ミラートレーダー、スプレッド比較・検証結果

ですから、ミラートレーダーを通してしっかりと利益を得ていくためには、

①スプレッドの小ささだけでなく、
②約定力や
③レートの近似性まで考慮していく必要があります。
 

これら3つの条件を満たしているのは、アヴァトレード・ジャパンです。

実際に運用してみると分かることですが、トレーデンシー社(Tradency)が公表しているデータと驚くほど似ています。
 

アヴァトレード・ジャパン 口座開設はこちら

 

また、インヴァスト証券も、スプレッドは広いものの、約定力は優れています。

インヴァスト証券 口座開設はこちら

 

FXプライム証券の選べるミラートレーダーも人気です。
 

→ 選べるミラートレーダー 

 

当サイトを通して、
上記のいずれかのミラートレーダー対応業者から新規口座開設をして下さった方には、「ミラートレーダーを利用して、継続的に利益を得ていくための秘訣」限定特典として差し上げます。
 

新規口座開設をした後、
以下のフォームから「ミラートレーダー 特典希望」というタイトルでメールをお送り下さい。
 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


 
24時間以内の返信を心がけ、メールにて
限定特典贈呈させていただきます。
 

あなたのご参加を、心よりお待ちしています。
 

  • LINEで送る
免責事項・当サイトで提供している内容やデータは情報提供を目的としており、投資に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの提供情報をもとに被った損害、提供情報の内容に誤りがあった場合でも一切の責任を負いません。 QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ